HOME
ごあいさつ
概要・沿革
自社製品
 ・排気管
 ・フレーム類
 ・縫製品
生産技術
改善活動
採用情報
 ・採用情報
 ・先輩からの言葉



<排気管>
排気管は耐熱性、耐蝕性、耐震性等に優れたステンレス系の材料を使用しています。
また、燃費向上のため年々軽量化が進み、パイプ板厚などが薄くなっています。
このようなきびしい条件の中、お客様のニーズに応えるよう、溶接技術・パイプ曲げ技術の向上に力を入れています。
半破壊
  
<パイプ曲げ加工>
排気管は3次元に曲げたステンレスパイプから構成されていますが、近年は排ガス対策、軽量化等により板厚を薄く、曲げRの小さいものが要求されています。
このようなお客様の要求に応えるよう長年培ってきたパイプ曲げ技術を活かし、NC制御ベンダーにより高品質な曲げ加工を実現させています。
特殊な曲げ加工品としては2層管(外管と内管による2重構造)の曲げ加工や、オープンカー用パイプフレームの複数の曲げRが組み合わされた3次元曲げ加工を、1工程で曲げる技術等もありトヨタ、ホンダ、日産、マツダ車のオープンカー用パイプフレームは全て自社で加工しています。
RX−8ライン
NCベンダー
  
<溶 接>
排気管は、ステンレスパイプ、ステンレス板を主に使用するため、アルゴンアーク溶接、Tig溶接による生産を行っています。
薄板にはTig溶接、それ以外はアルゴンアーク溶接ですが、コスト競争に勝ち抜くために溶接ロボット、汎用自動溶接機等の自動溶接を実現させています。
また、どのような製品でも適正な溶接が出来るよう、徹底的に条件管理を行い、高品質な製品造りに取り組んでいます。
アーク溶接
Tig溶接
  
<縫 製>
自動車内装品のシート・トランクカバーの縫製は、美しさと上質な仕上げプラス低コストが要求されます。
また、オープンカーの幌は質感に加え高い防水性能が求められています。私達は、独自の技術と自動化の追及により低コスト、高品質の製品造りに取り組んでいます。

トノカバーライン
株式会社 三次製作所
〒729-6205 広島県三次市塩町2171-1
Tel:(0824)66-1188/Fax:(0824)66-3098/e-mail: info@miyoshi-seisakusho.co.jp